So-net無料ブログ作成

“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)

 千葉県警八千代署は、10日、同署から逃げ出したクジャク(オス、体長90センチ)を再び捕獲した。

 同署によると、同日午前6時50分ごろ、八千代市萱田の畑で、近所の男性から「クジャクがいる」との通報があり、駆けつけた署員がビニールハウスの中にクジャクがいるのを発見、網で捕獲した。クジャクはケガもなく元気な様子だという。発見された畑は署から500メートルほど離れた場所だった。

 同署によると、これまでに茨城県神栖市の会社社長が「逃げ出した1羽ではないか」と話しているほか、八千代市の男性も名乗りをあげたという。

 約40キロ離れた神栖市の男性は同署に対し、「4月末に飼っている3羽が逃げ出した。2羽はすぐに捕まえたが、まだ1羽が見つかっていない」と話しているという。

 一方、八千代市内の男性は同署に対し、「数日前、自宅で飼っていた4羽のうち2羽が逃げた。そのうちの1羽ではないか」と話しているという。

 同署は、クジャクの模様や特徴などを調べて持ち主の特定を進める。

 クジャクは6日午前、同市大和田新田の住宅で同署が捕獲。拾得物としてイヌ用のおりにいれて保管していたが、8日午後、テレビ局の取材中に暴れ、弾みで入り口のフックが外れて逃げ出していた。

 行徳野鳥観察舎(同県市川市)の担当者は「一般的に、クジャクは遠くまで移動しない。(仮に神栖市から逃げたクジャクなら)誰かに捕まり、移動先で再び逃げ出したのかもしれない」と話している。

【関連記事】
[フォト]「迷子」→「拾得物」→「脱走」…お騒がせクジャク再捕獲
迷子クジャクを捕獲、「落とし物」として“保管”
ハクチョウ捕まえ卵つぶす 86歳男を書類送検
公園に“捨てワニガメ” 4人がかりで捕獲
ペンギン盗んだ容疑で逮捕、キャリーバッグに入れてコロコロ

検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
<葬儀>小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で(毎日新聞)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
堀内氏、夫婦二人三脚…地元・甲府で始動(スポーツ報知)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。