So-net無料ブログ作成

求ム「海の女」 海保、採用増に本腰 片手懸垂テスト廃止/OGを再雇用(産経新聞)

 海上保安庁が女性保安官の確保に本腰を入れている。女性が苦手な「片手懸垂」を採用試験科目から外し、出産や育児などで退職した元保安官の再雇用も始めた。背景には、女性比率が3%台と自衛官より低く、「海の男」のイメージに安住していては「少子高齢化で深刻な人材不足に陥る」との強い危機感がある。

                   ◇

 12日に発売された海保の年次活動報告書「海上保安レポート2010」。オールカラー138ページに及ぶレポートの目玉の一つが、「過去10年で最多」という女性保安官たちの写真だ。

 「『男の仕事』という固定観念を払拭(ふっしょく)するのが狙い。採用試験への女性応募者が増えてくれれば…」

 同庁政策評価広報室の担当者はそんな思いを口にする。

 海保が初めて女性保安官を採用したのは昭和54年。近年は巡視船の乗組員やヘリコプターから吊り上げ救助を行う降下員として活躍する女性も出てきた。それでも全職員約1万2550人のうち女性は3・7%の約460人(今年1月現在)にとどまっている。「仕事内容が特殊で、危険なイメージがつきまとう」(海保幹部)という事情もあるが、5%程度の自衛官よりも低く、女性の登用は長年の懸案となっていた。

 海保はまず6月の採用試験で、強い握力が必要とされる片手懸垂(片手でロープぶら下がり3秒間)を廃止し、「両手での鉄棒ぶら下がり10秒間」に変更する。片手懸垂は昭和23年から続く伝統の体力試験だが、作文や面接で高評価を受けた女性がつまずくケースが多発。「負担を軽減して意欲のある女性に広く門戸を開きたい」(人事課)と緩和に踏み切った。

 一方、2月には退職した元保安官を学科試験や1〜4年の教育訓練を免除して受け入れる再雇用制度を創設、インターネット上で公募を始めた。全国各地へ異動があり、結婚や出産、育児などのために職場を去る女性も多く、定着率が約50%と低いためだ。実際に面接などを通過した元女性保安官9人が4月から即戦力として働いている。

 職場で孤立しやすい女性のために、先輩保安官が採用から2年未満の後輩の相談に乗る「メンター制度」も年内に始める予定で、矢継ぎ早に対策を打ち出し少子高齢化時代の人材難を乗り切る考えだ。

PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)
営業損益7.2億円の黒字に転換、原価率が改善―ジャパンケア3月期連結(医療介護CBニュース)
音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展(Business Media 誠)
看護師国試合格のインドネシア人が都内で報告会(医療介護CBニュース)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)

薬事法違反容疑で無職男逮捕=「RUSH」4000万円売り上げか―警視庁(時事通信)

 幻覚作用のある薬物「RUSH(ラッシュ)」を米国から輸入し、販売したとして、警視庁生活環境課などは20日までに、薬事法違反容疑で、東京都杉並区和泉、無職安藤幸一郎容疑者(41)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「規制薬物と知っていた。簡単に金もうけができると思った」と供述。2007年からの3年間で、瓶入りで約9000本を販売し、約4000万円を売り上げたとみて裏付けを進める。
 逮捕容疑は昨年11月4日と今年1月9日、新宿区のビルで、会社員だった男性(34)に、RUSHの瓶4本を1万6000円で販売した疑い。 

【関連ニュース】
アダルトショップ経営者逮捕=偽ED治療薬販売
暴力団組幹部ら2人を逮捕=偽バイアグラ事件
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
大洋薬品工場に業務停止命令=別サンプル提出、ミス発覚逃れる

口蹄疫 10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
<重過失致死>パチンコ店駐車場に乳児放置容疑…母親を逮捕(毎日新聞)
失業者への個別支援検討=NPO活用−政府(時事通信)
「さすがQちゃん!」 出馬要請拒否に絶賛の声(J-CASTニュース)

“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)

 千葉県警八千代署は、10日、同署から逃げ出したクジャク(オス、体長90センチ)を再び捕獲した。

 同署によると、同日午前6時50分ごろ、八千代市萱田の畑で、近所の男性から「クジャクがいる」との通報があり、駆けつけた署員がビニールハウスの中にクジャクがいるのを発見、網で捕獲した。クジャクはケガもなく元気な様子だという。発見された畑は署から500メートルほど離れた場所だった。

 同署によると、これまでに茨城県神栖市の会社社長が「逃げ出した1羽ではないか」と話しているほか、八千代市の男性も名乗りをあげたという。

 約40キロ離れた神栖市の男性は同署に対し、「4月末に飼っている3羽が逃げ出した。2羽はすぐに捕まえたが、まだ1羽が見つかっていない」と話しているという。

 一方、八千代市内の男性は同署に対し、「数日前、自宅で飼っていた4羽のうち2羽が逃げた。そのうちの1羽ではないか」と話しているという。

 同署は、クジャクの模様や特徴などを調べて持ち主の特定を進める。

 クジャクは6日午前、同市大和田新田の住宅で同署が捕獲。拾得物としてイヌ用のおりにいれて保管していたが、8日午後、テレビ局の取材中に暴れ、弾みで入り口のフックが外れて逃げ出していた。

 行徳野鳥観察舎(同県市川市)の担当者は「一般的に、クジャクは遠くまで移動しない。(仮に神栖市から逃げたクジャクなら)誰かに捕まり、移動先で再び逃げ出したのかもしれない」と話している。

【関連記事】
[フォト]「迷子」→「拾得物」→「脱走」…お騒がせクジャク再捕獲
迷子クジャクを捕獲、「落とし物」として“保管”
ハクチョウ捕まえ卵つぶす 86歳男を書類送検
公園に“捨てワニガメ” 4人がかりで捕獲
ペンギン盗んだ容疑で逮捕、キャリーバッグに入れてコロコロ

検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
<葬儀>小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で(毎日新聞)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
堀内氏、夫婦二人三脚…地元・甲府で始動(スポーツ報知)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。